1×1=1アイスクリン小カップ近影

高知名物 1×1=1(いちかけるいちの)アイスクリン!

1リットルホームサイズと100㏄の比較

夏の海岸線はアイスクリンのパラソルだらけ

夏の海岸線では伝統のアイスクリン「1×1=1」の赤いノボリ旗が有名です。近年ではコンビニの出現で夏の風物詩であるパラソルも絶滅しつつありますが、昔は夏の南国土佐の海岸線をドライブするとあちこちで見かけました。

いちかけるいちの、味の表現

砂糖・卵・脱脂粉乳・バナナ香料で脂肪分3%以下。氷菓子の仲間で、アイスクリームとシャーベットの中間くらいの風味です。甘すぎずサッパリしすぎない、大人も子供も夢中になる味で、まさに ”昔懐かしい” とはコレのこと。独特の舌触りと食感で皆に愛され続けています。

発送時の箱

アイスクリンはクール送料込み

アイスは商品の性質上、クール便と送料が既に含まれた価格を提示してあります。他の商品と一緒にご注文いただきましても別々の発送になります。ついでに入りそうな小さな商品であっても一緒には発送できませんのでくれぐれもご注意ください。(アイスを複数ご注文いただいた場合は同梱になる場合もあります)

アイスクリンの歴史

日本で最初に味わったのは、勝海舟や福沢諭吉らといわれています。渡米視察(万延元年:1860年)の際にワシントン政府の迎えを受け、船上にて初めてアイスクリームを口にしたそうです。「珍しき物有り 氷をいろいろに染め、物の形を作りこれを出す これを(あいすくりん)という」と、その帰朝報告書に記され、明治2年、横浜馬車道通りで「町田房蔵」という人が”あいすくりん”として製造販売したのが日本で最初のアイスクリームといわれています。
自動車の普及と共に道路脇にパラソルを開いたアイスクリン屋が急増し、高知県内に100本以上のパラソルが咲きました。「アイスクリンの名称が珍しい」「1×1=1が珍しい」「アイスクリンの商売人が多い」と、マスコミに取り上げられたり、高知の気候風土にも合って高知名物アイスクリンとして今に至っています。※資料提供:高知アイスクリーム商工業(協)

水晶文旦(温室) 約2kg

1リットル2ケ入り

■アイスクリンは送料込み(冷蔵クール含)で単独で発送になります。

■一番人気で基本の味である、白のホームサイズ1リットル×2個入りです。※パッケージや入れ物は予告なく変更になる場合がありますのでご了承ください。

■出荷時期:一年中

■送料について

■お問い合わせ

(クール送料込)1×1=1アイスクリン【1リットル×2ケ入(白)冷凍】  4,104円(税込)
カートに入れる 在庫状況

水晶文旦(温室) 約3kg

100㏄各味18ケ入り

■アイスクリンは送料込み(冷蔵クール含)で単独で発送になります。

■100㏄×18個入り、基本の味である白をベースに白ばかりのバージョンと各味がセットになったバージョンがあります。(白、抹茶、いちご、ソーダ、チョコ、メロン、みかん、あずき、ゆず等)※パッケージや入れ物は予告なく変更になる場合がありますのでご了承ください。

■出荷時期:9月~2月頃

■送料について

■お問い合わせ

(クール送料込)1×1=1アイスクリン【100cc×18ケ入(白のみ)冷凍】  4,104円(税込)
カートに入れる 在庫状況

(クール送料込)1×1=1アイスクリン【100cc×18ケ入(白10/各味8)冷凍】  4,104円(税込)
カートに入れる 在庫状況

Copyright(c) 2000 ORANGE-HEART. All Rights Reserved. ◇ 当社の承諾なしに当サイトの内容、テキスト、画像、イラスト等の無断転載・無断使用を固く禁じます。